キッチンで水漏れしたときは早めに修理を

キッチンで水漏れしたときは早めに修理を 家の中でも、毎日水を使うキッチンは水漏れトラブルが発生しやすい場所と言えます。床が濡れている、床に染みたような跡が残っているなどのトラブルは、水道料金の高騰だけではなく、放置しておくとカビの繁殖や家屋の腐食など、二次被害にもつながりますので早めの対応が必要です。キッチンで水が漏れた場合の対処と日頃からのメンテナンス方法を知っておきましょう。




■水漏れを発見したときの初期対応

水が漏れていることに気づいたら、原因を調査する前にしておくべきことがふたつあります。ひとつは水を止めることです。止水栓で止めてもかまいませんが、給水管から漏れている可能性を考慮して、水道の元栓を閉めておくとより安心です。もうひとつは乾燥させることです。雑巾などで水をきれいに拭き取り、窓を開けたり換気扇を作動させたりと風通しを良くして早めに乾かします。こうすればカビや腐食など二次被害の防止になります。
初期対応が終わったら原因を調べていきましょう。キッチンまわりで水漏れの原因になる箇所は大きく分けて2種類あり、給水管や蛇口からの水漏れと、排水管からの水漏れがあります。順番に確認していけばおおよそ特定できるはずです。しかし、いずれのケースも、あくまでも自分で確認する場合の目安に過ぎません。原因が特定できても修理が不安だったり、原因がよくわからないといった場合は水道 修理の専門業者に相談することをおすすめします。

■水漏れの発生する原因と対処方法
給水管から水漏れが起きている場合、蛇口とのつなぎ目にあるナットが緩んでいないかを確認し、緩んでいれば締め直します。ナットに入っているゴムパッキンが劣化しているようなら、ホームセンターなどで購入して交換します。ゴムパッキンを指で触ってみて、固くなっていたり指にゴムの色がついたりするようなら寿命と考えられます。また、蛇口からの水漏れは、内部のパッキンもしくはバルブカートリッジの劣化によって起こります。原因となっているパーツの交換で対処できます。
排水からの水漏れは、排水トラップです。シンクとの境目にある排水トラップもナットやゴムパッキンが取り付けられており、ここも同様に、ナットが緩んでいないか、ゴムパッキンが劣化していないかを確認して対処します。排水トラップは常に水が溜まっているため、作業時には床に雑巾や新聞紙を敷いておくようにしましょう。

■水回りは定期的なメンテナンスが効果的

蛇口の摩耗を防ぐためには、使用後に水分をよく拭き取るだけで構いません。毎日きれいにしておくだけで効果があります。蛇口の裏側に関しては、ストッキングにクリームクレンザーをつけてこするのがおすすめです。ストッキングの摩擦力と伸縮力が掃除に効果を発揮します。蛇口周りの水垢が気になるようなら、市販の酸性クレンザーを使えば効果的に落とすことができます。水滴が落ちる場所にできる茶色いシミに対しては、約45度のお湯をかけてから還元系漂白剤をまくと良いです。15分ほど時間をおいてストッキングですり落とすようにしましょう。
また、排水ホースは地震で建物が揺れたり、物がぶつかったりした際に外れてしまうことが考えられます。そのため大きな地震が発生したり、排水ホース回りの物を動かした際には定期的にホースが外れていないか確認することが大切です。万が一外れている場合は、排水管にホースを入れ直すだけで問題なく使用できるようになります。

■まとめ
蛇口や排水管は頻繁に水と触れ合う部分のため、どうしても腐食や経年劣化は避けられません。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、それらを遅らせることができてトラブルの予防になります。
また、キッチンは生活に直結する場所のため、水漏れトラブルが起こったら早めに解決しなければなりません。慌てずに初期対応と原因調査を行い、無理だと思ったら素直に専門業者へ任せることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース